なんとなく調子が良いので、本日2軒目

茅場町の中央警察署付近の裏路地に、ヒッソリ戸建である「サン茶房」
永代通りからだと廣田証券の路地を入った所すぐです

茅場町の一等地も良い場所に、戸建でって事はずっとこの地に住まわれているのかなぁとか思いながら訪問
ずっと気にはなっていたのだけど、如何せんメニューも何も出ていないので、入るのに勇気が…

(以下の写真はクリックすると大きくなりまっす)

DSC02185

入ってビックリノスタルジー的な綺麗な内装
大きな窓にカーテン、テーブルにはキチっと揃えられたシュガーポット

この店内、外観からは想像つかなっかったわ(´∀`*)

チョット由詩的にツボったので、思わずマダムに「前から気になっていたんです、入って良かったー」と、言ってしましました(笑)

マダムは、凄い喜んでくれて、お店の経緯や身内の話まで色々して下さいました
あまり全てを書くのはマズイので、一部抜粋します

DSC02182

椅子&灰皿が特注、戦前は着物直しの店→戦後は甘味屋→喫茶…などなど
確かに、椅子の背もたれには手動のミルが彫られていて素敵すぎます

茅場町のこの場所で、今もこうやって経営されている素性が分かってなんとなくスッキリですわ

DSC02184

この灰皿は、当時数百個作ったそうですが、記念にお客さんに配布したら今では数個しかない貴重な物だそうです
でも作ってくれた方が、開店記念周年を間違えたそうです
昭和50年の時は25周年だったらしいですよノ( ̄0 ̄;)\

…って事は、今は昭和87年(笑)なので創業62年なんですね
内装も外装もリフォームはされていますが、年季入ってます

DSC02181

此処もまた、良いお話が沢山できてとても良かったです

珈琲の味は。。。まぁご愛嬌( ´_ゝ`)

DSC02183