本日2軒目~(*・ω・)ノ

小伝馬町でとっても良いモーニングをして、「早起きは三文の得」と、しみじみ思った(●´ω`●)
江戸通りを神田方面になんとなく走り、まだ未訪問の喫茶を思い出し向かいました♪

神田は紺屋町にある「喫茶ピープル」
昭和通りを一本中央通り寄りに入った通りにあります

神田でも此処の付近は色々な町名が犇めいている不思議なエリア。。。
“神田乗物町”“神田西福田町”“神田富山町”
ほんのチョットずれただけでこんなに町名が変わるのも珍しいよね

因みに、この通りには過去に行った「自家焙煎珈琲屋BIOT」や「コーヒーショップ ポー」や「喫茶リンダ」などの個人経営喫茶が沢山あります

(以下の写真はクリックで大きい画像になります)

022

お店の前にチャリを停めて、レトロさにニヤニヤ(・∀・)

逆光もあって、お店の中が見えにくく、もたもたしてたらママさんが出て来られました

024

座ってから「モーニングはありますか」と、尋ねたら(メニューが一切何処にも無いので)
「以前は食べ物とかも出していたけど、今は私一人だからとても無理なのよ~!」と。。

まぁさっき食べたし珈琲だけでもイイかな…と、思ってたら「無理にウチで珈琲だけ飲まなくてもモーニングがあるドトールとか行かれたら?」とママさんw

レトロ喫茶が好きな事を伝えたら、「ただの古いだけの店よー!」と大爆笑

なかなか楽しいママさんだなぁ(☆゚∀゚)

018

床・壁・照明器具・天井・ソファー…何もかもが昭和の遺産

素敵過ぎて褒めまくっても、やっぱりママさんは「古いだけだし」云々ww

ただ、ソファーにスプリングが入っていてお客さんに座り心地が良いのを絶賛されている事は得意げに語られていました(数年前に皮を張り替えた事も)

現在、猫の陶器の置物が置いてある場所には、地デジになるまでガチャガチャ回すタイプのブラウン管TVが健在だったそうです

019

ドラマなどの撮影に使いたいと言うのも全て断っているそう

でも「珈琲時間」と云う、季刊誌の取材を最近受けられたそうで、掲載される原稿のコピーを見せて下さいました.。゚+.(・∀・)゚+.゚

020

珈琲¥430

今ではみんなチェーン店に行ってしまい、お店は暇になってしまったけれど、古くからの常連さんの為だけに頑張ってお店を続けられています

珈琲豆が中に入った灰皿は、昭和40年代当時¥600(今では入手困難品)
灰皿を盗む(?)お客さんがいるらしいのだけど、コレだけは獲られなかったそうです

021

とっても素敵な時間&空間でした

帰り際、お店のショーウィンドウの下に蛙を発見
「お店に帰る=蛙」で縁起として置いているそうです

外まで見送ってくれたママさん、ありがとうございました

023

~余談~

ネットで「神田 ピープル」だけの検索は推奨しません
実際やってビックリしたww