2013年04月04日17:00日本橋「カフェ日本橋」(カフェタイム利用)5
本日3軒目~(*・ω・)ノ

台東区でレトロ喫茶→日本橋本町で面白いカフェを堪能した後、昭和通りを永代通りへ~♪

昭和通りと永代通りの交差点から直ぐにあった、居酒屋・さくら水産が閉店して新しい居酒屋になったなぁと思いながら見てたら、その“江戸もみじ通り”にカフェらしきお店がありました

ずっと工事していた雑居ビルにカフェがOPENした模様
さっそく訪問してみました~.。゚+.(・∀・)゚+.゚

(以下の写真はクリックで大きい画像になります)

045

お店は、なんと1~3階まである造り

先客が誰も居られなかったので、マスターと色々お話しました

なんでも、お店は昨年から10ヶ月かけてマスターが全て改装されたそうです!(その10ヶ月間も当然家賃は払っていたと)

元は判子店だったのですが、大家さんから壁などの改造も許可され、焙煎機などの設置もされました

看板は元より、テーブルまで手作りとは驚きですΣ(・ω・ノ)ノ

046

日本橋三越前の女性オーナーの「日本橋カフェ」とは、全く関係は無いそうですww

047

手作りのメニュー板

基本、セルフなのでシュガーなどはまとめて置いてあります

035

水出し珈琲の器具は、入り口の硝子ケースに入っていて、店内から見えます

037

マスターは、前職は珈琲豆の販売&焙煎もされていたので言わばプロですね(´∀`*)

この焙煎機も、業者を入れずマスターがお一人で設置されました

036

天井の穴が開いた部分は、お手製の珈琲豆のイラスト入りの板で補強!

038

1階席の壁には、珈琲豆の入っている麻の布袋がカーテンの様に掛けられ、珈琲豆の木が造られていました

本当に珈琲がお好きなんだなぁと、このセンスにうっとりです

既製品を使ってディスプレイも良いですが、こう云った手作り感があるのも大好きです(*´Д`*)

039

水出し珈琲を頼んだら、クッキーがサービスで付いてきました◎

濃いですが、まろやかなのが水出し珈琲の特徴です

040

2階席も案内して頂きました!

なんと此処でも珈琲を淹れられる様に、ミニキッチンがありました

1階のセルフ方式の雰囲気とは違い、喫茶仕様ですな

041

そして3階!赤いカーテンに、茶色のテーブルセット

高級感を出されていて、会議や団体様が使える様に造られたそうです

用途に合わせた雰囲気を1階ずつ変えているマスターのお客様想いが伝わってきますね!

042

2階にあるお手洗いの鏡や手洗い場も「女性はトイレは重視すると思って綺麗にしました」と、マスター自らリノベ

デザイナーや業者が一切作っていない、本当の“マスターのお店”

043

階段の棚には、大工用品が並んでいましたww

日本橋で、個人経営の喫茶開業とは嬉しい限りです

由詩なりに応援して行きたい一軒です

都営浅草線の日本橋駅出口からも近いので、日本橋界隈に来られた時は隠れ家的な「カフェ日本橋」へどうぞ(●´ω`●)

044




mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字