今日は人形町の移り変わりがないか調査(`・ω・)

夏の間、チャリ自重で人形町も御無沙汰でしたからぁ~w

ランチは久々に「PIZZA DA BABBO」で超絶旨いピッツァをば

そして路地などを念入りチェック!(不審者呼ばわりしないで)

あれ??「珈琲 大勝軒」の看板にライトが点いてる!?

いつの間にかシャッターが閉まったままだったので、てっきり閉店されたのかと思っていました(; ̄Д ̄)

実はまだ未訪問だったので即入店~

(以下の写真はクリックで大きい画像になります)

052

皆様が思い浮かべる「大勝軒」は、ラーメン店の名前を思い浮かべられる方が多いと思います…

池袋などの“もりそば”を出す「大勝軒」は一切関係ないです~

そう、此処はなんと「中華料理・大勝軒」の総本店なのですΣ(・ω・ノ)ノ

「じゃあ何で今は喫茶店なの?」と、疑問を持たれる方も多いと思います(由詩も調べるまではそうでした)

053

「中国料理 大勝軒」の創業は明治38年(1904年)!

ラーメン店での開業ではなく、中華料理店

“大陸から呼んだ料理人が腕をふるいます”と云うキャッチフレーズで大人気のお店になったそう

今では中華はファミレスまでにもなるぐらい浸透した料理だけど、当時は衝撃的だったんだろうなぁと思いました(●´ω`●)

この場所で最初から営業されていた訳ではなく、初期は「喜寿司」がある場所の近くだったそうです

昭和22年にこちらに移転されました。。。

そして昭和59年に現在のビルに建て替え、隣にあった「中国料理 大勝軒」を閉店

なので「珈琲 大勝軒」と隣同士でダブル「大勝軒」の時期もあったのね~!

054

「中国料理 大勝軒」は、暖簾分けや直系が数店あります

なんと家の近くの新川店がそうでしたΣ(゚д゚;)ビックリ

しかも大正3年創業なので相当古い部類だね

馬喰町・日本橋本町・浅草橋も「中国料理 大勝軒」の暖簾分けで現在も営業中です♪

銀座にも元祖「大勝軒」でチーフシェフとして働いていた方が出したお店がありますね

043

「大勝軒」の歴史をかなり語ってしましました(^^;)

ではここからは、現在の「珈琲 大勝軒」のレポです

店内はかなり奥に長い造りで面白い席の配置w

なんとなく中華料理店のテーブル&椅子??

メニューは卓上のPOPのみです

044

フード類は一切なく、珈琲で勝負ですな

ジュースや紅茶類あるけどね(´∀`;)

045

ブレンド¥400

オーダーを受けてから、ペーパードリップでお兄さんが淹れて下さいました

スッキリした味と苦味で、とっても美味しい~

¥400と云う価格なのにここまでちゃんとされていてかなり◎!

珈琲豆の管理もしっかりしているんだな(酸化していないし)

046

オーナーのお婆ちゃんにお話を色々聞きたかったのだけど、お婆ちゃんのお友達(お婆ちゃんw)がいらしていてお二人で談笑中だったので、なかなか(;´Д`)

お友達が帰られたので、すかさず話し掛けたのだけど、直ぐに団体のお客さんが来店。。。

タイミングが合わず、数分で終了ww

047

「中華料理 大勝軒」の時代に、お店の欄間に填められていたステンドグラス.。゚+.(・∀・)゚+.゚

年代物で芸術的価値もある素敵なステンドグラス

そして明治・大正時代に撮影された基調なお写真!

「大勝軒」の歴史博物館の役割も介していると思います


営業時間は平日のみで、15時までなので平日に人形町にお越しの際は是非どうぞ(*´Д`*)


048

049

050

051