連休最終日は神楽坂に出掛けました♪

神楽坂は昔から美味しいお店が多かったけど、最近はバル系も増えていて、そっちばっかチェックしちゃったのは秘密ですw

何処でお茶しようかなぁ~…と、神楽坂通りを飯田橋方面へ♪

閉店された「珈琲美学」の跡地に新しいカフェがOPENされていたので、折角だし訪問してみる事にしました

「Cafe caqui ~カキ~」

スペイン・ポルトガル語で「柿」の意で、発音も日本の「柿」と同じ発音だそうです!

詳しい記事はコチラ⇒市ヶ谷経済新聞

(以下の写真はクリックで大きい画像になります)

035

通り沿いにしっかり看板が出ているので、メニューをチェック♪

神楽坂って水曜定休日ってちょくちょく見掛けるなぁ

あと、飯田橋&神楽坂にはキリンのハードシードルが呑めるお店も多く見掛けます

036

市ヶ谷経済新聞さんによると…

飯田橋のスペイン料理店「エルカミーノ」でサービスを担当した泉英之さんと、生花店で勤務していた妻の浩子さん、英之さんの小学校時代からの友人でレコード店を営んでいた庄内さんの3人が、「それぞれの得意分野を生かして何かやろう」と開いたカフェだそうです.。゚+.(・∀・)゚+.゚

038

お店は2階で、1階は以前と変わらず不動産店です

037

見覚えのある椅子があったので、もしやと思い聞いてみたら、以前の「珈琲美学」の店内をそこまで変えずに、リノベされたそうです

039

奥の方は、先客が居られたので手前の席で♪

素敵な緑の植物が沢山あります

この椅子が「珈琲美学」の物↓

040

041

046

047

048

050

051

043

深煎りロースト珈琲¥500

深煎り好きな由詩にはピッタリで好みの味わいでした

多分、ペーパードリップで丁寧に淹れられていました

042

ダージリン¥400

スウィーツと一緒に頼んだのでセット価格になりました(-¥100)

044

自家製プリン¥400

本当は、クレームブリュレを頼もうと思ったら売り切れでした

その代わりに、スペイン風のプリンがあると云う事で、そちらをオーダー

ポルトガル風で硬めで甘さ控えめの美味しいプリンでした

お店の雰囲気も「珈琲美学」が少し残っているし、とっても寛げるスペインバルカフェになっていました

045

神楽坂通り沿いにある「五十番」の肉まん(´∀`*)

此処の大好き~

032